「パチスロ涼宮ハルヒ」シーサ。が一撃1900G爆乗せ!

パチスロ涼宮ハルヒ」シーサ。が一撃1900G爆乗せ!

以下ニュース記事。

sloslo.net

 

涼宮ハルヒとは

エキセントリックな女子高校生、涼宮ハルヒが設立した学校非公式クラブSOS団のメンバーを中心に展開する、「ビミョーに非日常系学園ストーリー」[2]。物語は、ごく普遍的な高校生活の緻密な描写と、荒唐無稽な展開を組み合わせた内容となっており[3]、主人公である男子高校生キョンの視点から一人称形式で進行する。

既刊11巻(2014年3月現在)、累計800万部(2011年6月の時点)[4]の売上げを記録した。世界15カ国で発売されている文庫とコミックスと合わせた累計部数は1650万部に達する[4]。第1作である『涼宮ハルヒの憂鬱』は第8回スニーカー大賞<大賞>を受賞[5]。他『このライトノベルがすごい!』2005年版で作品部門1位を獲得したのをはじめとし、2006年版で6位、2007年版、2008年版でそれぞれ2位と常に上位をキープしており、2005年版から4年連続でベスト10入りした唯一の作品であった[注釈 1]

2005年9月にはツガノガクによる漫画版が『月刊少年エース』にて連載開始。2006年4月よりテレビアニメ涼宮ハルヒの憂鬱』が独立UHF局をはじめとする各局で放送された。2009年4月よりテレビアニメが2006年版の回に新作を加えて放送された。劇場版アニメーション映画『涼宮ハルヒの消失』は2010年2月6日より公開された。テレビアニメ化を境に一気に人気作品となり、ライトノベルの中では最も成功した作品のひとつであるとも評された[3]。天真爛漫なヒロインに周囲が振り回されるという「お祭り騒ぎ的な要素」が、ヒット当時の時代性に合致していたとも言われる[6]

テレビアニメの放送後、2007年4月に出版された第9巻『涼宮ハルヒの分裂』を境に4年間に渡って新刊の発表が中断されていたが、2010年4月30日発売の『ザ・スニーカー2010年6月号にて、続刊の内容の一部が先行掲載され[注釈 2]、翌年の2011年5月25日[注釈 3]に第10・11巻となる『涼宮ハルヒの驚愕』前後編がアジア5か国・地域で同時に[7]出版された。『涼宮ハルヒの驚愕』の初版部数は前後編ともに51万3000部で、ライトノベル史上最多となった。

スピンオフ作品のアニメ化もなされており、2009年には『涼宮ハルヒちゃんの憂鬱』『にょろーんちゅるやさん』がYouTubeで配信されたほか、2015年には『長門有希ちゃんの消失』がテレビアニメ化された。

エウレカAO3000G以上回して一度もボーナスないんだが…

酷すぎる…

以下ニュース記事。

sloslo.net

「パチンコ」が動機の犯罪1300件超、16年摘発刑法犯 警察庁

「パチンコ」が動機の犯罪1300件超だそうです…

以下ニュース記事。

sloslo.net

ビスティ「パチスロ 機動戦士Zガンダム」 ティザーPV公開!

ビスティ「パチスロ 機動戦士Zガンダム」 ティザーPVが公開されました。

以下ニュース記事。

sloslo.net

 

機動戦士Zガンダムとは

登場人物およびモビルスーツのデザインは刷新され、前作の登場人物は年齢を重ねて再登場する。前作の連邦対ジオンという明快な図式に対して、本作はティターンズエゥーゴという地球連邦軍から発生した二つの勢力による抗争[4]を中心に、中盤以降ではジオン残党最大勢力であるアクシズの地球圏帰還や、各勢力同士の同盟・決裂、指導者の暗殺など、複雑な構図となっている。

ナレーションは劇中でヘンケン・ベッケナーを演じる小杉十郎太が担当した[注 1]。前作のように戦況を解説するナレーションは少なく、主に本編冒頭のモノローグ、前回のダイジェスト、次回予告が中心であった。次回予告は毎回「君は、刻ときの涙を見る」というキャッチフレーズで締めくくられた。

「ゼータ」に当てられる文字として読みの上で正しいのはギリシャ文字の"Ζ"であるが、入力の容易さ・形状の類似からラテン文字の"Z"(ゼット)が代用されることが多い[注 2]

準備稿時点での作品タイトルは『逆襲のシャア』であった

山佐「パチスロ キン肉マン~夢の超人タッグ編~」公式ティザーPV公開

山佐「パチスロ キン肉マン~夢の超人タッグ編~」公式ティザーPVが公開されました。

以下ニュース記事

sloslo.net

 

キン肉マンとは

集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』において、1979年22号(1979年5月28日号)から1987年21号(1987年5月4日号)まで連載。日本に住む人間を超越した存在・超人キン肉マンことキン肉スグルが、仲間の正義超人と共に、次々に立ちはだかる強敵とリング上で戦っていく、プロレス格闘漫画ゆでたまごのデビュー作であり、代表作でもある。

戦うことによって形成される友情の美しさを主眼において、単純な勧善懲悪ではない物語性を持たせており、「ダメ超人」と人々にバカにされながらも、地球の平和を守りたいと戦い続けた主人公の成長していく姿も描いている。

当初は変身ヒーローを題材としたギャグ漫画[2](『ウルトラマン』のパロディ[3])であったが、第28話にて始まった第20回超人オリンピック編から格闘路線にストーリーを変更して人気を博す。格闘ものに転向してからもしばらくはギャグ色の濃い内容だったが、中盤以降はシリアスな戦闘が中心となり、終盤になるとギャグ的要素はほとんど無くなっていった。

本作の特色として、伏線や物語の整合性などを考えず、その場の盛り上がりを重視した荒唐無稽な展開の数々が挙げられる。これは「細かい設定にこだわっていると、結果として内容がつまらなくなる」との作者の考えのためであり、より良い設定を思いつけば、あえて過去の設定は切り捨てるという[4]。そのため、作中には多くの矛盾点があるものの、それが逆に今もなお愛される所以となっており、作者自身も「ツッコミ所が多いほうが読者が親近感を持ってくれる」と語っている[5]

作中に登場する超人・怪獣の大多数を読者から募集し、そこから誕生させている。その応募者数は開始から2か月で16万通を超え、そこから300以上の新キャラクターが誕生[6]し、ロビンマスクラーメンマンウォーズマンバッファローマンといった重要キャラクターも読者のアイディアを元に考案したもの。初めて掲載された時は、このキャラクターを考えた読者の氏名が発表された。このシステムは読者の側にも好評で、続編『キン肉マンII世』の読切を描いた後には、募集していないにもかかわらず、読者からの新超人投稿が続出したという。

キン肉マンの本名「キン肉スグル」は当時読売ジャイアンツに所属していた野球選手である江川卓から名づけられた。兄のキン肉アタル江川卓の実弟)、父親キン肉真弓真弓明信)、祖父[7]のキン肉タツノリ(原辰徳)も同様のルーツがある。

シリーズ累計発行部数は7500万部以上[8]

SANKYO、パチスロ「みんなで楽シーサー」発表

SANKYO、パチスロ「みんなで楽シーサー」が発表されました。

以下ニュース記事

sloslo.net

パチスロ「ヱヴァンゲリヲン・勝利への願い」販売を開始

パチスロヱヴァンゲリヲン・勝利への願い」販売が開始されたそうです。

ARTはボーナス込みで純増2枚だそうです。

以下ニュース記事。

sloslo.net