読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パチスロ「モンキーターンIII」が発表

パチスロモンキーターンIII」が発表された。

以下ニュース記事。

山佐、新機種「パチスロ モンキーターンⅢ」発表 | スロスロニュース

 

モンキーターンとは

週刊少年漫画雑誌『週刊少年サンデー』(小学館)にて、1996年36・37号から2005年3号まで連載された。全385話。単行本は小学館少年サンデーコミックスより全30巻、同スペシャルより愛蔵版全18巻。

前作『帯をギュッとね!』の連載が終了した翌1996年、当時の週刊少年サンデー編集長・奥山豊彦から、「競艇マンガを描かないか」と打診され[1]、取材に訪れた平和島競艇場濱野谷憲吾のレースを観戦したことが、本作を執筆するきっかけになったと言われている[1][2]。連載は約8年半という長期にわたったが、連載は通常より少ない週13ページで進められた。2004年にはテレビ東京系でテレビアニメ化されている。

日本船舶振興会からも競艇初心者の入門書として推薦されており[3]、実際に本作を読んだことがきっかけで競艇選手になった人間もいる[4]平和島競艇場では2005年11月から2007年3月まで本作のキャラクターがメインビジュアルとして採用され、競艇選手募集ポスターにも用いられていた[5]

競技のシステムや支部・競艇場などについては現実に則しているが、登場キャラクターは全て架空の人物である。しかし、現実の競艇界に関するエピソードが引き合いに出されることが少なからずあり、また劇中で登場人物が現実の選手のことを語るシーンもある。